スポット

ジャズ発祥のニューオーリンズの魅力とは。(Part 3)

スポンサーリンク


前回に引き続き、ニューオーリンズの魅力についての記事です。

クラシックな街並みやショップも見所


これだけユニークな歴史と伝統のあふれる街に来たら、由緒ある有名どころも訪れなければならない。ニューオーリンズでコーヒーブレイクといえば、1862年創業の「カフェ・デュ・モンド」。チコリー入りのコーヒーと、ベニエ(四角いスイートフリッター)で知られるこのカフェは、日中常に混んでいるけれど、24時間営業だから、午前4時あたりに足を運べば比較的並ばずに済むはず。昼間行ける所を探しているなら、「ギャラトワール」へ。今でも男性は要ジャケットの老舗で、この地独特のフレンチクレオール料理をお楽しみあれ。「パスカルズ・マネール」は、イタリアンのヒントを取り入れたルイジアナ料理の店だけれど、ここで一番有名なのはBBQシュリンプです。もちろん食後は「ティピティーナズ」で、カクテル片手にバンドの生演奏に合わせて踊ってみよう。

Hotel 05.SONIAT HOUSESONIAT HOUSE


ニューオーリンズならではの宿といえば「ソニアット・ハウス」。3棟のタウンハウスを改造し、19世紀の豪華絢爛なスタイルで仕上げられたこのホテル。アメリカ南部ならではの温かいおもてなしを受けつつ、客室や公共スペースのふんわりと優しくプライベート感たっぷりの雰囲気を満喫しましょう。
バーボンストリートからはほんの2ブロックですが、ここは別世界としか思えない落ち着きある空間だ。

ジャズ発祥の地として名高い「ニューオーリンズ」。
そこには様々なカルチャーが混在した、街にはたくさんの魅力が詰まっている。
アメリカに行った際はぜひ足を運んでみては。

スポンサーリンク


-スポット