映画

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』特報映像が遂に公開!

スポンサーリンク


2017年12月15日公開のスター・ウォーズシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の特報映像が公開された。映像では前作のラストで登場したルーク・スカイウォーカーが、ある衝撃的な「真実」を明かすことで様々な憶測が飛び交っている。

スター・ウォーズシリーズのエピーソード8となる『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(原題『Star Wars: The Last Jedi』)の特報映像が遂に公開された。


前作『フォースの覚醒』のラストで、ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)の元を訪れたレイ(デイジー・リドリー)の姿から予告編は始まる。レイはフォースやライトセーバーをマスターすべく、ルークの修行を受けることになることが垣間見れる。

そのほか、フィン(ジョン・ボイエガ)やポー(オスカー・アイザック)、カイロ・レン(アダム・ドライヴァー)といったおなじみのキャラクターが登場。銀河一かわいいロボット・BB-8は、本作でも懸命に走っているのも注目だ。

そして最も注目すべきは、予告編の最後で、ルークがある「真実」を語るところだろう──「ジェダイは滅びる」と。『最後のジェダイ』のタイトルロゴが「赤」[日本語版記事]であることから、スター・ウォーズファンたちは前々から「何だか嫌な予感」がしていたものだが、ルークのセリフはこの嫌な予感をいっそう強めている(ちなみにアダム・ドライヴァーは以前、本作が『帝国の逆襲』に似ている」とも語っている)。

スポンサーリンク


映画『LOOPER/ルーパー』や「ブレイキング・バッド」のライアン・ジョンソン監督は、遥か銀河の彼方の神話にどんな新しい展開をもたらすのだろうか? 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、2017年12月15日全世界同時公開予定。
公開日まで待ち遠しいところだ。

スポンサーリンク


-映画