グルメ

スターバックスの新業態、「ネイバーフッド アンド コーヒー」とは?

2017/02/20

スポンサーリンク


カジュアルに立ち寄れる、お馴染みのコーヒーショップ「スターバックス」。
主要な駅には必ず隣接しているし、今では住宅地の一角にドライブスルー付きの店舗を構える等ニーズによって様々なショップを展開している。

 

ご存知の方も多いと思うが、発祥はアメリカ・シアトル。
現在の「スターバックス」はコーヒー以外にフラペチーノという氷を砕いたシャーベット状のドリンクや紅茶を提供しているが、創業当初は本格派のコーヒーショップとしてスタートした。

 

当時では画期的なテイクアウト方式のスタイルを世の中に提案して、シアトル式コーヒーの先駆けとなった。
そして今では世界60ヶ国20000店舗を展開しているのだ。

 

「スターバックス」といえば、誰でも気兼ねなく入れるオープンな感じが◎。
待ち合わせのちょっとした空き時間や仕事や勉強、友人とのおしゃべりにと店内を見渡せばたくさんの来客者がそれぞれの時間を楽しんでいる。


しかし今回ご紹介したいのは、通常の「スターバックス」より洗練された地域密着型の新業態「ネイバーフッド アンド コーヒー」。

名前の通り、「近隣の住民の皆様にゆっくりとコーヒーを楽しんでもらう地域密着型店舗」を目指している。
実店舗は全国で8箇所にしか存在しないプレミアムショップだ。

提供に使用されるマグカップや皿も通常とは異なるデザインを使用。


スタンダードな店舗では置いていないオリジナルメニューも豊富。
バナナ チョコレート & アイスクリームやクレーム ブリュレ ラテなどここでしか味わえないものばかり。

 

 
限定のタンブラーやマグカップの販売もしているので、お土産にもぴったり。

不定期でバリスタ体験やアートの展示もしているので、こちらも併せてチェックしてほしい。

 

店舗詳細は下記URLよりチェック。

http://www.starbucks.co.jp/neighborhood/

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


-グルメ