ファッション 音楽

歌詞もお洒落な、話題のHIP HOPグループ「THE OTOGIBANASHI'S」とは

2017/03/24

スポンサーリンク


■日本のヒップホップシーンは留まることを知らない。

近年の日本のヒップホップシーンは留まることを知らない。
深夜帯の某番組ではフリースタイルをフックアップしたり、90年代〜00年代初頭に活躍していたグループの復活でシーンが再燃している。
さらに去年は、当時爆発的な人気を誇ったヒップホップイベント「さんピンCAMP」が20年ぶり復活というビッグニュースもあった。

■若手最有力「THE OTOGIBANASHI'S(オトギバナシズ)」とは。

その「さんピンCAMP」でクールなトラック&リリックを披露していた若手ヒップホップグループ「THE OTOGIBANASHI'S(オトギバナシズ)」をご存知だろうか。
3MC編成でゴリゴリのヒップホップではなく、ゆるめの気持ち良く乗れるビートが今のトレンドとしっかりフィットして、若者を中心に絶大な人気を得ている。
現在までにアルバムを二枚リリースしていて、ファーストアルバムとなる「TOY BOX」は革新的なPVでシーンの話題を一気に掻っ攫った。名前の通り、おもちゃ箱をひっくり返したような、多彩な音と、ユーモアに溢れた、エンタテイメントに溢れた作品にしあがっている。
新鮮かつ耳に残りやすいビートはどこか懐かしくもあり、様々な世代のリスナーに刺さるのだ。
そして歌詞も日々の日常を切り取ったワンシーンであったり、服や映画の話などリアルなワードも聴きやすさの一つなのかもしれない。

■音楽だけではない、彼らのクリエイター力

しかも彼らの凄いところは音楽だけではない。
「Creative Drug Store」名義で彼らが主催しているイベントも毎度並びが出るほど。
そのイベント限定でリリースされる、アパレルやグッズの人気がとにかくスゴい。
数々の著名人(きゃりーぱみゅぱみゅや染谷将太や星野源などなど)が着用画をインスタグラムにアップしたことで、「あのブランドは何だろう?」とファンの話題にもなり、一躍有名に。
一昨年開催した「BEAMS T」とのコラボイベントでは開始時間前には大行列が出来て、入場規制を行ったという伝説も残している。

出展:http://creativedrugstore.tumblr.com
2017年5月5日(金)には彼らが不定期で開催している「POP UP SHOP vol.7」が中目黒で予定されているので、そちらも要チェックだ。

 

今後も彼らが奏でる新感覚のグルーヴから目が離せない。

スポンサーリンク


-ファッション, 音楽