ファッション

ファン待望のVans Anaheim Factory Collectionがリリース。

スポンサーリンク


出典:http://www.vansjapan.com/new-arrivals/classic/anaheim-factory-collection.html

■VANS Anaheim Factory Collectionとは??

Vans生誕50年のヒストリーの中で、常にブランドのスピリットとして様々なストーリーや
モデルを生み出してきた”Off the Wall"をテーマに、1966年当時にカリフォルニア州アナハイムにあるファクトリーで製造されていた
クラシックモデルにフォーカスしたコレクションが、“Anaheim Factory Collection”です。

スポンサーリンク


 

 

■カリフォルニア州オレンジカウンティの背景

カリフォルニアのいわゆる田舎であるオレンジカウンティと言えば、ディズニーランドなどの観光スポットもありますが、パンクバンドの発祥地としても知られ、その背景には田舎ならではの大きな家が多く、その家には必ずと言って良い程広いガレージがあり、ガレージからバンド活動を始めるキッカケとなっています。

サーフィン、スケートも深く根付いている土地だけに、この地でVANSが誕生したのもうなづけますね!!

■オレンジカウンティ出身のバンドは??

「オフスプリング」(ハンティントンビーチ)、「ノー・ダウト」(アナハイム)、「シュガー・レイ」(ニューポートビーチ)などなど上げればきりがない程のビッグネームが名を連ねるオレンジカウンティ出身です。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=1jOk8dk-qaU

 


出典:https://www.youtube.com/watch?v=ubvV498pyIM

 


出典:https://www.youtube.com/watch?v=dPcX-5Tmqt8

 

■アナハイムとサーフィンの関係性

オレンジカウンティにおけるサーフィンの歴史は深く、1914年にハンティントン・ビーチピアの落成式でハワイ人サーファーである、ジョージ・フリースが、波乗りのデモンストレーションを行ったことに遡ります。

1920年代には、サーフィンとオリンピックの象徴的存在、デューク・カハナモクも
このピアでサーフィンをしたことも有名な話です。

ハンティントン・ビーチが主要イベントの開催会場となった1950~60年代にはサーフィンの人気が出始め、そこからアメリカ本土で最も重要なサーフシティとして認知される様になっていったのです。

■モデル名には当時のスタイルNOが??

Authentic #44

出典:http://www.vansjapan.com/new-arrivals/classic/anaheim-factory-collection.html

 

 

Old Skool#36

出典:http://www.vansjapan.com/new-arrivals/classic/anaheim-factory-collection.html

 

Sk8-Hi #38

出典:http://www.vansjapan.com/new-arrivals/classic/anaheim-factory-collection.html

 

当時から使用されているモデル名・スタイルンナンバーを用いて、重厚感溢れる10オンスキャンバスやスエードを取り入れるなど、実際に当時ショップに並んでいたラインナップを忠実に再現しており、デザインのみならず、インソールにはUltraCusを使用する事で、履き心地を高め現代的にスペックをアップデートしている点も魅力です。

 

■STYLE #44に見られる現代のAuthenticとの違い。

Anaheim Factory CollectionのAuthentic #44は、見た目で分かる違いはと言うと通常のAuthenticとは異なるヒールの4本ステッチや、アメリカ製のVANSなどでも使用されていた当時の木型を使用し製作されているので少しぼってりとしたツウ好みのつま先になっております!!

是非お近くのディーラーで!!

スポンサーリンク


-ファッション