未分類

東京からほど近い、神奈川の「ベイエリア」の楽しみ方とは。(part2)

スポンサーリンク


前回に引き続き、今回も神奈川県のベイエリアについてフィーチャーしていきたい。
神奈川のベイエリアでも、ローカル感が強い藤沢市。
神奈川県の南部に位置し、相模湾に面する観光都市として一年を通して、多くの人々が訪れる。都内からもアクセスが良いので、日帰りもOK。神奈川県内でも人気の新江の島水族館や海浜公園など、海に面した藤沢市ならではの観光名所が目白押し。

そんな観光スポットとして、高い人気を誇る藤沢駅近くにカリフォルニア感満載のホテルがあるのをご存知だろうか。


その名も「8HOTEL(エイトホテル)」。
コンセプトはFASHION、ART、FOOD、MUSICをキーワードに、単に泊まるための場所ではなく、人々が集うカルチャー発信地としてのホテルのあり方を提案すること。
宿泊以外に、カフェラウンジ共々ソーシャルハブとして湘南のビーチカルチャーを独自に発信している。

ホテル入り口には都会的でありながらビーチ、サーフを日々身近に感じるスタイルが得意とするヘアサロン「ヘア カリフォルニア」が入るエアストリームが設置されている。
この中では、オーナーである軽部氏とマンツーマンで髪の相談をしながら、施述を受けることができる。

スポンサーリンク


さらにはこんな車も置いてある。
アメリカンな雰囲気が入り口から感じられるのだ。
出展:https://jp.hotels.com/ho450234/8hotel-xiang-nan-teng-ze-eitohoteru-xiang-nan-teng-ze-teng-ze-ri-ben/
ホテル内のベッドも星条旗カラーでアメリカンなフレーバーが漂う。

こちらは館内に描かれている大型のペイントアート。
デザインからも海を感じることができる。

ホテルにはカジュアルレストラン「藤沢テーブル」が隣接していている。
ビーサンでも入れるくらい気張らないレストランなので、気軽に訪れてみよう。

独自のビーチカルチャーを育む神奈川県のベイエリア。
都内からもそう遠くはないので、たまには雑多な喧騒を忘れて、自然に触れてみるのも悪くない。

〜8HOTEL(エイトホテル)〜
住所:藤沢市鵠沼花沢町1-5 (藤沢駅南口 徒歩2分)
TEL:0466-54-0880
HOTEL: 1F LOBBY、8.LOUNGE 2F~12F 客室

別棟: 2F Fujisawa Table Trattoria
チェックイン 15:00~ / チェックアウト ~10:00

 

 

スポンサーリンク


-未分類